コロナの問題に立ち向かう人々を招いてオンライン対話する遠隔富研がスタート

コロナウィルスの問題に
どう立ち向かうのか。
多様な業種・職種の方をお招きし
オンラインで対話する
ラボを始めます。

社会はwithコロナ、afterコロナへと「適応」を進めています。私のいる大学でも、たった1ヶ月で全ての手続きや授業がオンライン化しました。このような変化の中で芸術が、デザインが、どのように作用していくのでしょう。

 富田研究室(富研)では、デザインを多様な当事者、専門家と関わりながら実践することを大切にしています。一見すると難しく関わることが困難な領域に積極的に関与し、時に主体者となり、時に客体者となりながら、デザインの分野の拡張を目指しています。

 しかし、今、学生たちは「何かをしたい」と思っていても何もすることができない状況です。アルバイトは激減し、学校には行けず、課題ばかり出す教員を画面越しに見つめるだけです。メディア見れば、情報は編集されたものばかり。デザインの対象と深く関わり、よく理解してデザインすることが困難な状況なのです。

そこで、コロナウィルスの問題に立ち向かう様々な方々(当事者)と学生&富田がオンラインで対話する場を設けたいと考え、参加してくださる方を募集しました。その結果、15名程度の方が参加を希望してくださりました。(応募多数で途中締め切りしました)

普段はどのような仕事をしているのか、どうコロナに立ち向かってきたのかを語っていただい後に、「何がデザインできるのか」を学生とディスカッションします。私たちには荷が重すぎて、何もできないかもしれません。でも、もしかしたら、学生が何かのデザインを始めるかもしれません。

Vol.1 堀江 賢司さん

株式会社OpenFactory代表取締役
堀江織物株式会社取締役マーケティング部部長

今日は、OpenFactoryの堀江 賢司さん。1個だけの工場発注が生み出す創造社会とは?クリエイター、工芸、推し、共同体、当事者デザインの未来…興味深いお話、誠にありがとうございました。

Vol.2 沢田圭一さん

株式会社エスケイワード 取締役COO

遠隔富研にエスケイワードの沢田さんが来てくれました。どうすればオンラインで他者と働けるか。これまで、WSを用いていたクライアントとの情報伝達はどう変容したのか、社内の意思疎通や帰属意識はオンラインでどう形成されうるのかなど。ありがとうございました🙇‍♂️

Vol.3 小針美紀さん

富士通デザイン株式会社

富士通デザインの小針さんがきてくださいました。印象的だったのはコロナで個人が変わりすぎてユーザーリサーチをし直さないといけないという発言でした。例えば、僕は自分で花をかって家に飾るようになりました。もしかしたら花屋は誰かに贈るためではなく、自分で買って楽しむ花を売るために変わるかもしれません。人はどう変わり、サービスがどう変わるのか。学生たちと議論しました。ありがとうございました。

Vol.4 吉永里美さん

株式会社ネットワークバリューコンポネンツ

吉永さんはデザイン学課程の卒業生で、現在はセキュリティー企業に勤めながら、1歳と5歳のお子さんの子育てをされています。コロナによって、子育ての理想として求められていた育児休暇やリモートワークなどによる「夫婦と子供との時間の確保」は完璧すぎる形で実現できた一方、子供は他者との接触や自然との接触などの機会が大切であり、親だけで子育てを継続することの難しさもあることがわかりました。ありがとうございました!

Vol.4 田中章愛さん

エンタテインメント機器メーカー

  • 今日の遠隔富研には田中章愛さんが来てくれた。今、成果を生み出しているものは2012年に取り組み始めたものだったという。色々な人の知恵を集めたり、会社の仕組みを変えたりしながら粘り強く形にされた過程をお聞きできた。
  • 最後のディスカッションはコロナによって「探究のかたち」はどう変わる?だった。個人の時間が増え、研究の仕方なり、学び方が変わった。田中さんは意外な回答だった。それは「モノとの対話の時間が増えるのでは」だった。なるほど、ニュートンの疎開だってそうだ。震災後に強まった共創の流れが、もしかしたら逆の方向に進むのだろうか?

Vol.6 和田あずみさん

株式会社グラグリッド

  • 今日のゲストの方はグラグリッドの和田さん。和田さんが実践されてきた困りごとを抱えた当事者を支援するデザインの事例をお聞きした。そして、その後に聞いたのは、和田さん自身が困りごとの当事者になったという話だった。
  • ある学生がこのように言った。「コロナの件で学生の自分は困りごとの当事者だと思うが、教員も大学も、色々な人たちもまた当事者だとわかってきた」と言った。僕はハッとさせられた。
  • ディスカッションの問いは「困りごとの当事者とは誰なのか(そして、どこまでが当事者なのか)」だった。デザイナーにとって、困りごとの当事者は「依頼者」であり「クライアント」だ。でも困りごとのアクターとは「クライアント」だけではない。程度の差こそあれ複数存在し、複雑に絡み合っているはずではないか。そんなことを考えさせられた。

Vol.7 タキザワケイタさん

PLAYWORKS株式会社

  • 今日はワークショップデザイナーのタキザワケイタさん。読売広告社から独立されプレイワークスという会社を立ち上げられた。昔からタキザワさんのことはチェックしていて、何度か大学にも来てくださって授業していただいたこともある。
  • ワークショップといえば対面で付箋を使うのが一般的だが、今はそうすることもできない。タキザワさんは、すでに数多くのオンラインワークショップをチャレンジをされていている。具体的に拝見してみると、非常に細かなワークの工夫をされている。オンラインでなければできないことを徹底的にやると話されていた。僕もオンラインワークショップにおける視覚的対話の研究がしたいなぁ…

Vol.8 山縣正幸さん

近畿大学

  • 今日の遠隔富研は、近畿大学の山縣正幸さん。山縣さんは経営学史がご専門で、特に1920年代のドイツ経営学者のニックリッシュにお詳しい。ニックリッシュは価値の循環を提唱しており、今で言うところサービスデザインやエコシステムなどの概念にも近い。山縣さんはそれでデザインに関心を持たれたという。
  • 資本主義経済は高度化し、極めて無駄のない合理的な生産システム、供給連鎖の仕組みが生まれた。それはある種の「余剰のない社会」とも言える。コロナの問題はその脆弱さを明らかにした。
  • 山縣さんはハンガリー出身の経済学者コルナイ・ ヤーノシュが述べるイノベーションと余剰の関係を引用しつつ、最後にディスカションしたお題はは「創造的余剰とはいかにして生まれるのか」だ。ちょっと難しいお題にしてしまったため、ブレイクアウトルームのディスカッションは難しかった。(あるチームは愛の余剰とかについて話したとか話してないとか)
  • しかしながら単純な利益追求モデルではない、価値の循環や余剰などの「全体性」を踏まえた考え方を持つことは、デザインと経営の関係性を模索する上で、基盤となるような考えになるだろう。

Vol.9 越尾淳さん

総務省

  • 今日の遠隔富研は、総務省の越尾淳さん。ポンチ絵プロジェクトでもお世話になったり、これまで授業に来てくださったこともある。
  • まずは、公務員とは?そして官僚とは一体どんな仕事なのか?についてお聞きした。越尾さんは行政の仕事をサッカースタジアムをメタファーに説明された。市民をサッカーをプレイする人に、行政はスタジアムの運営に例えてみる。本気でサッカーを楽しむにはルール作ったり(制度づくり)、芝生の管理(インフラづくり)、そして利用料の徴収(税金)があるという。
  • では、コロナは行政サービスをどう変えていくのだろうか?越尾さんは「これまでの当たり前」が通用しなくなる瞬間が明確になったという。例えば、給付金に関しては原則的に「世帯」ごとの申請となっている。これまで、多くの家庭は夫が稼ぎ柱あり世帯主であり、この世帯という単位で数多くの行政サービスが提供されてきた。しかし、もしかしたら、世帯主がDVの加害者であり、家族の1人がシェルターにいるとすればお金の支払いが難しくなってしまう問題が出てくる。
  • では、国民全員がマイナンバーカードを持ち、口座が紐づけられ、所得なども政府がすぐに確認できれば支払いは極めて可能になる。一方で、国民がそのような一元管理を今まで望んできたのか。と言えばそうとも言えないし。また、これからそれを望むのかと言えば今後の議論が必要とされることだ。
  • 行政のサービスに「あれもこれも」は望めない。国には膨大な借金があるし、便利なITサービスとプライバシーの関係は表裏な側面もある。これからも行政サービスのDXは加速すると思うが、決め方の理論は実に難しい。そんなことを改めて考えさせられた。